髪の毛について改めて考える

私達は髪の毛が薄いことが気になってきて、AGAを疑い始めると、AGAのことばかり気にして髪の毛のことを理解しようとしなくなってしまう傾向にあります。

AGAについて悩みはじめ気にし始めたら、AGAのこと以外に髪の毛の事も改めて見つめなおしてみましょう。

まずは髪の毛ですが、髪の毛というのは実は皮膚の下で勝手に作られ、勝手に生えてきているわけではありません。

髪の毛は、実は毛包と呼ばれている、あまり聞き慣れない場所で作られているのです。

さらに、この聞き慣れない毛包の奥深い部分には、さらに聞き慣れないかもしれない毛球と呼ばれている部分があるのです。

ちなみに、この毛球というのは、毛球という何かが既に存在しているのではなく、毛母細胞と毛乳頭と2つから作られています。

このうち毛母細胞に関してですが、毛母細胞は毛細血管から運ばれてくる大事な酸素とか、大事な栄養素といったものをエネルギーにしている細胞です。

この毛母細胞が髪の毛の増える減るに大きく関与しているのです。

毛母細胞は増殖とか分裂を繰り返しています。

そして、この毛母細胞の増殖、分裂がしだいに上へ上へと伸びていく事で、実は髪の毛が生えて伸びているのです。

では最初に出てきた、毛乳頭は何をしているのかというと、毛母細胞の手助けをしており、いろいろ助けになる物質を分泌することで毛母細胞を側面からコントロールしているのです。

髪の毛は、この2つが深く関係していますが何らかの原因でシステムがおかしくなってしまう事で、AGAになってしまうのです。

詳細については、名古屋でAGA治療を行っているクリニックに問い合わせてみましょう。